さて、次の日の朝食後にムオンタイビンホテルを出ると、目の前にマイリンタクシーというベトナムでは珍しいぼったくり無し優良タクシー会社として知られているらしい会社のタクシーが泊まっていました。

さっそく、ドライバーさんにスマホのGoogleマップを見せて、「Xuan Thanh」のところを指さします。

ドライバーさん、理解してくれました。

早速タクシーに乗り込んで、スアンタンへGoです。

20分もタクシーで走っていると牛がたくさんいるのどかな田園風景が広がってきました。

ど田舎って感じです(笑)

ひさびさにこんなザ・田舎という光景を見ました。

その後、10分ほどタクシーは走ってスアンタンへつきました。

メーターの料金としては250,000ドン、そして途中に有料道路を使用したのでその料金として45,000ドンでした。

そこで300,000ドンを渡すと、後20,000ドンくれというようなことを言ってきます。

この20,000ドンは運ちゃんがチップとして欲しがっているのでしょうか。

まぁ、よくわかりませんがたいした金額ではないので、良しとしました。

その後、タクシーが返った後、ウロウロしていると近くの売店のおばちゃんに声を掛けられます。

タクシーかというようなことを言うので、いやいやホテルだと言っていると、何か分かりませんがタクシーを呼んでくれました。

そして、そのタクシーに「カクサン(ベトナム語でホテル)」と連呼していると、近くのホテルに連れて行ってくれました。

ホテルにつくとなんか赤い口紅が印象的なおばあちゃんが対応してくれます。

料金を聞くと1泊25万ドンとのこと。

おそらくタクシーの運ちゃんのマージンも入っているので高い金額になっているのではないかと思います。

本当はもっと安い気がしましたが、とりあえず荷物を置きたかったので、それで手打ちしました。

ホテルの部屋はまぁ少しぼろかったですが、まぁそんなものかなという感じでした。

ただ、トイレの水の流れが悪かったので、それが若干気になりました。

あと、Wi-Fiは2階の自分の部屋からは全くつながりませんでした。

その後、ホテルの部屋で少し休んだ後、周辺を散策することにしました。